02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラリーウィリアムズ引退講演 with ビクターニーダホッファー

2015年03月21日
今日は、パンローリング主催のラリーウィリアムズ引退講演(リンク)@よみうりホールに行ってきました。ゲストは、ビクターニーダホッファーです。

13時開演で、なんと19時前までの長丁場でした。

IMG_2772.jpg

始めの方は、なんと投資に絡めたジャズの歌でした。ビクター(左のピンクの人)は奥さんとピアノ演奏。(笑)
最初は、「ん???」という感じがしないでもなかったのですが、歌詞が実際のトレーディングに基づくものだったので、結構楽しめました。初めての体験です。

ビクターは、テレビで見たまんまのスローなテンポのトークで、マイペースな語り口でした。独特の「間」が面白かったです。いろいろ話していましたが、私なりには以下がポイントかと理解しました。(重要な点が漏れていたらすいません。)

・サイクルは常に変わる。
・トレーダーは常に改善をし続けること。
・定性的なものは信じるな。定量的なデータで分析せよ。
・市場はうそやダマしにあふれている。政府関係等の(公に発表される)データも事前に漏れている。
・株式のリターンは、他の債券などのリターンを圧倒的にアウトパフォームしてきた。
・Buy & Hold が最良の戦略だ。(売りはダメ。)
・株式投資のレバレッジは、1:2が適当。(100ドルの手元資金で200ドルの株を売買) それ以上は破たんのリスク有。

ラリーの方は、元気でしたね。去年会って話した時は、だいぶんお疲れの様子でしたが、今日はシャッキリしてました。引退だからでしょうか。(笑)

IMG_2774.jpg

ラリーの方のポイントは、

・シーズナル(例年10月頃が底で、5月まで強い。そしてまた、10月まで株価は弱い傾向が有る。)パターンは、太陽活動(geomagnetic stormなど)の周期と一致している。自然界が影響を与えている。(初めて聞く人は、んなわけねーだろ!と思うかもしれませんが、これについてはFRBも示唆しているそうです。科学的根拠がある話。)
・太陽活動には10-11年周期のものがあり、これが「末尾が5の年」に株価が上昇する理由と考えられる。
・2015年の米国市場は、ブルマーケットの中にいる。
・イールドカーブはファンダメンタル面で特に重要。ポジティブイールド(長期金利>短期金利)の時は株は上がり、ネガティブイールド(短期金利>長期金利)の時は、不況の始まりを示唆しているので要注意。
・2015年はポジティブイールド。ファンダ面からも今年の株の上昇がサポートされている。
・フィデリティーが調査したところ、負け組投資家のほとんどは短期トレーダー。一方、勝ち組は、自分が株を保有していることさえも忘れているような人たちだった。
・2017年の6-7月頃が米国株の天井で、その後に来るクラッシュはかなりひどいことになると予想している。その頃、ネガティブイールドであれば、より警戒しなければならない。

その他、短期(日計り~3日程度)トレードの細かいテクニックや勝率の高いデータについて、いくつか話していましたが、私は短期トレーダーではないので割愛します。(基本的には、ラリーの著者に書いてあるような内容です。)

最後は、ラリーとビクターのQ&Aセッションでした。

IMG_2776.jpg

ビクター、靴脱いで、靴下だけでしたね・・・。疲れちゃったのかな?(笑)
でも、なんとなく愛嬌のあるキャラでした。

ビクターニーダホッファーについて特集されたNHKスペシャル・マネー革命 第1回放送「1日で50億円失った男」は、こちら(リンク)で見れます。面白いですよ。

今日も自分の投資を向上させるヒントを頂きました。ありがとうございました。



セミナー | コメント(0)

いよいよお母さんも?

2015年03月20日
今日の値上がり率上位50銘柄のうち、マザーズ銘柄が17、ジャスダック銘柄が17、東証2部が5、一部が11という内訳でした。

私が監視しているマザーズ銘柄は、反転サインを出しています。おそらく、新興市場全体がそういった値動きになっているからだと思われます。

新興市場の中でも、2部指数とジャスダック平均は、年初より堅調に上げてきました。しかし、日経平均の上昇率には負けています。

中でもずっとひどかったのがマザーズ指数。年初よりマイナスで、一人負けの状態。

今日急騰したマザーズ銘柄の中には、出来高の増加がいまいちなものも散見されましたが、ひょっとしたら反転の兆候かもしれませんね。

新興市場株が元気になると、個人投資家が元気になるので、是非そうなってもらいたいものです。


投資理論/戦略 | コメント(0)

RSテクノロジーズ

2015年03月19日
主幹事のSBI証券で、300株補欠当選していたので、どうせ当たんねーだろ!、とIPOポイント目的で申し込んだら、繰り上げ当選していました・・・。なんとも不吉な。

キャンセルが出たんでしょうね~。
今日上場のIPO銘柄の値動きを見ていると不穏ですね~。
なんか嫌な感じがしますね~。

と初値が公募割れしても当たり前と言う、心の準備をしてみました。(笑)


IPO | コメント(4)

任天堂とDeNA

2015年03月19日
両社ともすごい値動きです。資本業務提携の発表を受けてのもの。

DeNAは、2日連続ストップ高。2日で +50% です。今夜のPTSもさらに +20%と恐ろしい急騰です。時価総額 2,000億クラスの会社が、あっという間に2倍になりそうです。それだけ会社を激変させ得る材料と受け止められているのでしょう。

任天堂に至っては、2日で +35%です。時価総額 2兆円クラスの会社にしては、ものすごい急騰です。

最近つと感じるのが、こういった時価総額がかなり大きな会社でも、材料次第で簡単にストップ高になったりするということ。ちょっと前までは考えづらかったのですが、相場つきが変化してきていると感じています。

また、今年に入って、マザーズ指数が低迷していることに象徴されるように、新興市場よりも、明らかに東証一部銘柄に資金が入っています。各指数の上昇率を比較すると明白です。これは、くじらさんなどの要因もあると考えられますが、投資家としてはこういった「風」を味方につけて行動することも重要だと考えています。


投資理論/戦略 | コメント(0)

増配による急騰

2015年03月19日
丸三証券(8613)が2日連続急騰中。たった2日で50%弱上昇しました。

今3月期末の配当を25円⇒70円へ大幅増配。さらに、今後3年間、特別配当40円を上乗せのサプライズ。

目的は株主還元と資本の効率化とのこと。

今後もこういう会社が増えてくる流れだと考えています。

投資理論/戦略 | コメント(0)

一瞬の隙あり!(安川電機とYEデータ)

2015年03月18日
今日は、安川電機(6506)とワイ・イー・データ(6950)との間で、隙が出来ました。

昨日のニュースリリース(株式交換による完全子会社化)によると、安川電機 1 に対して、ワイ・イー・データ 0.145。
昨日の安川の終値は、@1,734 でしたから、ワイ・イー・データの理論値は、@252。今日のストップ高株価は、@236。値差16円。これは、理論値の6%ディスカウント。

全株一致は今日は無いとたかをくくっていましたが、なんと 朝10:46 に全株一致しました。日経平均がマイナスに沈んでいた時です。結局、大引けはストップ高比例配分となりました。

こういうこともあるんですねぇ~。(笑)


投資理論/戦略 | コメント(0)

アリアケジャパン

2015年03月17日
7日連続で2006年5月以来8年8ヵ月ぶり高値更新ですか。こういった食品株はホントに強い動きですな。

値上げの浸透。実質賃金の上昇。といったところが、買われる源泉なんでしょうね。

つぶやき | コメント(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。