04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

節税銘柄のFPG

2015年05月26日
FPG(7148)が本日急落しました。日経新聞の朝刊記事(リンク)を受けてのもの。

政府では、企業に提供している節税策の報告を2017年度にも税理士に対して義務付ける検討に入ったと伝わる。大きな税収減につながる節税を対象にし、過度な節税へのけん制効果を見込むと。FPGは課税繰延メリットのオペリース投資商品を手掛けていることから急落しています。

私は昨年10/31の初動で、この銘柄へのエントリーを検討したのですが、減価償却定率法の廃止リスクとこのような政策リスクを考慮して断念しました。それらのリスクは企業の存続そのものに関わる多大なインパクトを持つものですから、そういう企業へ大切な資金を投じるわけにはいかないと当時考えました。

しかし、その後株価は400円から1540円近くへ4倍近くへ上昇し、かなり悔しい想いもしておりました。

今思うことは、やっぱりこういうことは起こるんだな、と。

今後この銘柄は、さらなる政策リスクを背負い込むことになるので、今までとはガラッと株価動向も変わるのではないでしょうか。目先の業績は上方修正が出る可能性が高そうですが、見ているだけが正解だと思われます。

買い方は今後、いつ足元をすくわれるかわからない環境となったのではないでしょうか。ただ、FPGのおこなっている事業が即違法という話ではないので、今後、法改正の動向とともに、時間をかけて事業転換という方向に向かうのかもしれません。




銘柄/業界分析 | コメント(0)
 | HOME |