10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

不動産屋巡りをしてわかったこと

2015年11月21日
6月に健美家さんのセミナーで触発されてから不動産方面も活動してますが、気づくと不動産屋巡りも20社を超えてきました。

最近になってようやく信頼できそうな業者、ダメそうな業者、ぼったくり業者がわかるようになってきました。

不動産業者のオフィスや、セミナーでもいいのですが、良くも悪くもカラーが出ているので、業者がどこに重点を置いているのかよくわかります。

とにかく個人投資家に売りつけることを重視している肉食業者、客を選んで対象外の客にはいい加減な態度の殿様業者、信頼できそうと見せかけて売り逃げしたい仮面業者、信頼関係を構築することを重視している優良業者、いろいろです。

20社以上訪問してみて思ったのは、だいたい半分以上は信用できそうもない業者という印象です。とにかく何でもいいから売っておしまい。あとは知らない、というスタンス。

また、類は友を呼ぶ、ではないですが、各会社の社員たちは同じようなオーラを発しています。いい年した茶髪社長がBMWの7シリーズでオフィス入り口に乗り付け、セミナーでありきたりの表層的で調子のいい説明をしている会社の社員は、同じようにインチキ臭い雰囲気を全身から発しています。その逆もまた然りです。

だいたい、人間というものは目を見れば何を考えているのかわかります。本当に客の為に誠意をもって説明しているのか、自分の利益のためだけに説明しているのか、はたまた、客からぼろうと思っているのか、客を素人だと考えて腹の底で軽く見ているのか、だいたいわかります。人間というのは正直なもので、だいたい目や仕草や態度、雰囲気、言葉づかい、顔つきに出るものなのです。

これは、株式投資にも同じことが言えて、特にIPOしたばかりの創業社長のインタビューや、決算説明動画を見ると、なんとなくですが人間がわかります。この社長の言っていることはゲタをはいているのか、それとも保守的に思っているのか、自信満々なのか。信頼のおける人間なのか、従業員から慕われる人間なのかどうか。

話はそれましたが、信頼できる不動産業者(と担当者)を見つけるというのは、かくも大変なのかと実感しています。まだまだ、雑巾がけの期間が続きそうです。(笑)


スポンサーサイト
不動産投資 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。