10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

おとり広告

2015年11月28日
最近、不動産ネタが多いです。株式投資家から見ると、不動産投資の世界って、なんか変なこと多いのですよね。

その典型がこれ、「おとり広告」。

おとり広告の物件とは、実在しない住所の物件、売約済みの物件、取引に応じない物件などで、相場よりも安く魅力的です。新規客を引き付ける疑似餌みたいなものです。

何を隠そう私も、おとり広告に引っかかった口です。(笑)

実際に土地まで見に行きましたが、後日、「売り主が売らないことになった」と業者から連絡を受けました。

でも、その数日後に、全く同じ物件が、同じ不動産会社(某ウォールM不動産)でネット上で更新されて売りに出ていました。

それを見て、「ああ、これがおとり広告か」と思いました。現地に販売員と行きましたが、今考えると図面もなく、客を値踏みして、はなから売る気がないようでした。客からすると、とんだ無駄足です。

不動産業界って、一般客を相手にしているビジネスのわりには、こういう常識はずれなことが、まだまだまかり通っている業界なんですよね。

ネットで募集しているわりには、ネット経由で問い合わせしても、平気で無視されることもしばしばです。普通のビジネスの常識では、有り得ないことです。

サービス業としてはかなりレベルが低く、かつモラルの不足している業界だと実感しています。ただ、中にはきちんとしたまとな会社があることも付け加えておきます。



不動産投資 | コメント(0)
 | HOME |