11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

バイオ株で7億円

2015年12月29日
今月の日経マネー(2月号)を読んでました。

その中の記事で年末恒例個人投資家座談会。投資仲間の夕凪さんとJackさんも出てましたが、1人ものすごい人が混じってました。なんと2015年前半だけで、しかもバイオ株だけの集中投資で7億円を稼いだ兼業個人投資家です。

本業は弁護士とのことですが、病気がちだったこともあり医薬系に興味があったとのこと。IR資料はもちろん、日経バイオテクといった専門誌も読んでるそうです。

一読の価値のある内容でした。

兼業投資家でも、専門性をとことんまで磨いて投資すれば、このように大きな資産を築くことができる好例ではないでしょうか。
今号の日経マネーは、片山晃さんなどの記事もあり、非常に良かったです。





投資理論/戦略 | コメント(0)

12月優待クロス

2015年12月27日
昨夜は渋谷で個人投資家の大忘年会でした。40名ほどでしょうか。億トレーダーの方も多かったようです。昼は会社関係の忘年会でかけもちで、風邪で喉をやられていたので、最後の方はほとんど声が出ない状況でした。失礼しました。お話して頂いた方、ありがとうございました。

明日も投資家系忘年会ですが、良く寝て回復を待ちたいところです。

さて、12月優待銘柄のクロス取引を実行しました。キャッシュを余らせておいてももったいないので、とれる所はとろうということで、結局26銘柄とりました。ほとんどが一般信用で、制度信用で逆日歩リスクをとったのは数銘柄です。

主なところは、すかいらーく、コカコーラウェスト、コカコーライースト、ヒューリック、福田組、JT、カゴメ、楽天、ポーラオルビス、サッポロ、アサヒ、キリンといったところです。3月末頃にかけて、またたくさんやって来るので楽しみです。


株主優待 | コメント(0)

IPO セカンダリーチャンスの時期到来

2015年12月20日
IPO セカンダリーのチャンスの時期ですね。

最近では日本郵政3社でチャンスとなりました。その後も、初値が抑えられた銘柄にチャンスが発現しています。

アップバンクやオープンドアといったところが、リスクリワードの優位性がある状況でした。

この時期は、IPO 銘柄が集中するため、一時的に需給が崩れ、初値が抑えられる傾向があります。

業績が成長しているもの、マザーズ銘柄、人気化しそうな業種、ベンチャーキャピタルの保有状況等々を検討しながら、優位性を探していくといい結果につながりやすいです。

この辺は、柳橋さんの得意分野でしょうか。(笑)

私も、毎年この時期だけは、セカンダリーに参戦して稼がせてもらってます。

今週いっぱい続きますので、まだまだチャンスはあると考えて銘柄チェックを継続中です。有終の美を飾りたいところです。


IPO | コメント(0)

億超えの方程式

2015年12月18日
告知で恐縮ですが、明日発売の「億超えの方程式7」の特集で、12ページに渡り掲載されることになりました。
失敗談から始まり、現在に至るまで。そして投資法と書かれています。ご参考になれば幸いです。
年末、年始と、そして来年もガッツリ儲けましょう!



プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(0)

消費税還付封じ込め

2015年12月16日
今回の税制改正大綱で、不動産投資の消費税還付封じ込め(リンク)がしれっと入っているそうです。

上物5,000万円としても、消費税400万円(8%分)の還付がなくなるので、その分利回りが落ちることになります。

税制とのいたちごっこですが、法人税減税がこういうところに裏目として出てきているのかと感じています。

証券税制も、分離課税でなく、給料と一緒に課税する総合課税へ変更、なんてことにならないことを祈ります。

貯蓄から投資へを応援してるなら、変な税制変更はやめて欲しいものです。



不動産投資 | コメント(0)

全銘柄チャートチェック終了と感想

2015年12月13日
今回はいいチャートがすごく少ないから、時間があまりかかりませんでした。前回はもっといろいろ気になる銘柄があったけど。

前回に引き続き、印象と感想を以下に述べておきます。簡単に。

・「比較的」好調なセクターは、人材派遣系、医療系、食品系、IT系、自動車部品系の一部。比較的といったのは、相対的に下落率が少ないという意味も含む。セクターをそのまま買うと×。銘柄選別が極めて大切。

・一時期盛り上がった銘柄も、結局はファンダメンタルに帰結している。(当たり前だが・・・)

・優待関連は相対的にまだ強い。(マックが典型)

・新興国系は全然ダメ

・ここのところ、典型的な大型株が崩れている(日経平均が新高値をとれないのは当たり前)

・今後はテーマ性、話題性があるものを個別で狙った方がいい気がする

・年末から1月までは、やっぱり小型株が優位かな?

上記以外にも細かいことは、ツイッターにつぶやいてます。ご参考まで。


銘柄/業界分析 | コメント(0)

全銘柄チャートチェック

2015年12月12日
全銘柄チャートチェック。久しぶりにやってます。

年に数回やるのですが、どのセクターが強いか、弱いか、そして、気になる銘柄などを発見したり、思い出したりするので結構楽しいです。

まだ半分ほどですが、印象として以下のような感じです。

・今年の1-8月に天井をつけている銘柄が「圧倒的に」多く、全体的に右肩下がりのチャートが目立つ

・銀行系が8月の安値を下抜いてきているものが多い(意味するところは?)

・証券系も弱い

・商社、資源系も弱い(これは商品が弱いので当然か)

・建機関連もダメダメ

とはいうものの、数は圧倒的に少ないですが、中には右肩上がりの銘柄もあるので、そういうものを追いかけていくのが良い結果につながりそうです。セクターというより、個別という印象です。

年末に向けて調整局面が来るのであれば、小型の好業績でチャートの良い銘柄を拾っておくのは面白いかなと思っています。

銘柄/業界分析 | コメント(0)
 | HOME | Next »