12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

カラ売り35の法則

2016年01月09日
椎名馨子氏の「カラ売り35の法則」を読みました。

どちらかというと初心者、初級者向けの本という印象でした。信用取引の基本の説明が手厚く、図解も豊富なのでわかりやすいかと思います。

中級者以上の方は、第三章「カラ売りのタイミング 基本の10ステップ」を読めば足りる印象です。




書籍・マスメディア | コメント(0)

カラ売りテクニック

2016年01月08日
藤本壱氏の「カラ売りテクニック」という本を読みました。

5戦略として以下のものを挙げています。

1. 下落トレンド入りした銘柄を狙う

2. 急騰した銘柄の下げを狙う

3. 悪材料の出た銘柄の下げを狙う

4. 市場全体が急落する時を狙う

5. 空売りを使った応用技で稼ぐ

1、3、5は私がやるパターンですが、2、4はたまにしかやらないので参考になりました。チャートでの説明も多く、なかなか良かったです。




書籍・マスメディア | コメント(0)

空売り戦略

2016年01月07日
今年の相場は、新年早々大幅な下げトレンドで始まっています。年末年始に過去の相場のチャートを見直していて、2007年の後半の下げに似ているなと考えていましたが、ホントにこんなに下落するとは。機関投資家の売り抜けの日も、昨年12月から頻発していました。(もっと早くブログに書いておくべきでした・・・。すいません。)

昨年はアノマリーもいろいろ崩れた一年で、まさか大統領選前年でNYダウがマイナスで終わるとは思っていませんでした。80年ぶりくらいですかね?「5」のつく年が負けなしというアノマリーでも、NYダウでは効きませんでした。これも80年ぶりくらい?まさに波乱を感じさせるものでした。個人的にはこういうものは、悪い予兆としてとらえておいて損はないと思っています。

そんなこともあり、今年は空売りをもう少し本格的に行う機会が増えるかなと考えています。年末に空売り系の本を読み直したり、新しく買ってみたりしてました。

昨年は、インバウンド系の空売りや、悪材料の出た銘柄の空売り、オニール戦略の空売りなどをちょいちょい試していました。ただ、全体相場が弱気に傾いていて、かつ個別銘柄が下げトレンドになっていないと勝率も落ちるので、タイミングも含めて、買い戦略よりも難しいというのがここまでの実感です。

週末に向けて、空売りに焦点を絞ったチャートチェックをしようかと思います。今年は「テクノファンダ空売り」が、私の一つのテーマになるかもしれません。本もいくつか紹介していきたいと思います。

投資理論/戦略 | コメント(0)

ミッシェル・オバマを魅了したデザイナー

2016年01月05日
今朝の日経一面に「ミッシェル・オバマを魅了した感性」として、デザイナーのタクーン・パクニガルが紹介されていました。

タクーン・パクニガルをご存知の方は、その業界の方か、または TASAKI (7968) ファンの方ではないかと思います。

彼はタイ人ですが、アメリカの移民でその後、成功した人物です。

デザインに特徴があり、TASAKI のジュエリーも魅力的に仕上がっています。(買い煽りではありません)

大統領夫人がお気に入りとは知りませんでしたが、納得するほどの個性的なデザインであるのは同感です。

Tasaki 時計


銘柄/業界分析 | コメント(0)

波乱相場の幕開け

2016年01月04日
いやぁ~、やはりというか、嫌な感じで新年相場が始まりました。

申年は「騒ぐ」らしいですが、波乱を予感させる大発会でした。

上に行くのか下に行くのかはわかりませんが、どちらの想定も持っておきたいと思います。

とりあえず今年はボラティリティ-が高い相場を想定しているので、今日 7% 上昇した VIX ETF (1552) をうまく使おうと考えています。

年末からの持ち越し分は今のところうまくハマってますが、どうなることやら・・・。


投資理論/戦略 | コメント(0)

新年のご挨拶

2016年01月01日
新年あけましておめでとうございます!

新年年賀状桜と富士山イラスト

旧年中もブログを読んで頂きましてありがとうございました。またオフ会等でお会いできた方、大変お世話になりました。

なんとか昨年も相場で生き残ることができ、今年で14年目の相場を迎えようとしております。

昨年はチャイナショックの前後の環境では、特に反省点がたくさん出ました。それを年末年始に研究しています。

今年は特に難しい相場環境になりそうです。今年の目標は追々決めていきますが、今年も最低8ケタは稼いでいきたいと考えています。

本年もどうぞよろしくお願いします。

みなさまにとりましても、素晴らしい一年になりますように!


よもやま話 | コメント(0)
« Prev | HOME |