09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

日経マネー12月号 この株で大逆転

2016年10月27日
先週発売になった日経マネー12月号を読みました。

最近、他の投資家さんとお知り合いになることも多いのですが、先日の東海地区での株合宿でお話できた凄腕投資家さんが多く出ていたので、これは見逃せないと買いました。

「億万投資家 これが勝負株」のコーナーでは、具体的な銘柄名が多く、読者の方も非常に参考になると思いました。私は銘柄よりも、凄腕の投資家さん達の考え方が知りたいと思い読みました。

また、「個人大株主21人の勝負株」のページも大変参考になりました。

時価総額100億、200億の株式を保有する個人投資家が、どういう株で大きな資産を築いたのか。

ネット関連、バイオ関連の大化け株に集中投資した五味さん。素材関連の割安銘柄に集中投資した那須さん。それぞれの得意分野で大きな結果を出したことに、今後の方向性の参考になりました。

今号はとても良いので、一読をおススメします。




書籍・マスメディア | コメント(2)

「億トレーダー」になるには何が必要なのか(投資家対談 with テスタさん)

2016年10月26日
先日、東洋経済新報社にて投資家対談の企画がありました。お相手は、著名トレーダーのテスタさんです。ブログやツイッターを見るとビックリすると思いますが、桁違いのトレードを毎日おこなっている凄腕のトレーダーです。

手法は全く異なりますが、それぞれの考えを言いつつ、途中、プライベートな話にも脱線しつつ、とても楽しい対談でした。

なんやかんやで2時間近くお話して、終わった後も近くでライターさんや編集者を交えて食事をして盛り上がりました。

「億トレーダー」になるためのヒントがあるかもしれません。ぜひ、こちらの記事(東洋経済オンライン)をご覧ください。


プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(0)

座敷わらしに会いに行ってきました④

2016年10月22日
前回の続きです。

オーブは、「緑風荘」の中でも見られる不思議なものの一つです。一番下に、亀麿神社で撮影された写真にオーブが写っているものを添付しておきます。(ネット上から頂戴したわかりやすいものを付けておきます。)

緑風荘の中で写真を撮ると、このようなオーブと呼ばれる丸い発光体が映り込むことが頻繁に起こり、その謎は解明されていないそうです。

実際に、私も宿泊していた部屋の明かりを全部消して撮影してみましたが、ホントにオーブが写り込みました。フラッシュをたいた瞬間に、画面上で光って動いているのが見えるのですが、肉眼でも見えるほどでした。しかも、何回も何回も写りました。

写真は静止画なので、実際はわかりにくく、ほこりが光ったり、雪ではないかとか誤解されがちですが、決してそうではありません。なぜならば、見えた瞬間に、その発行体(オーブ)が移動しているのが見えるからです。

ググると埃だのと言っている人が多いようですが、実際に見ていない人の戯言です。実際に現地で見てみれば、ホコリなどの類ではないことは一目瞭然です。

でも、オーブっていったい何なのでしょうか?

(続く)

亀麿神社とオーブ

楽しいことをしよう | コメント(0)

ダイヤモンド・ザイ 勝ち続ける個人投資家の㊙ワザ

2016年10月20日
告知で恐縮です。明日発売のダイヤモンド・ザイ12月号に紹介されています。

今年の下落でも勝った4人の一人として掲載されています。今年は全体が下落相場なので難しい年ですが、その中でも1銘柄で1億円の利益を獲得した事例として取り上げられています。

7月に出した拙著ではタイミング的に載せることができなかった、今年のブランジスタの売買事例です。チャート上のどこで買って、どこで売ったかを図示していますので、拙著の読者さんには特に役立つ情報と考えています。

また、昨年12月~今年6月にエントリーのデータも開示しています。ご参考にして下されば、本の理解も深まると思います。



[ 拙著 ]



プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(0)

プレステVRをゲッツ!

2016年10月13日
今日、発売になったプレイステーションVRをゲットしました。

抽選販売にラッキーにも当選して、急きょPS4本体も買ってきました。合計86,000円ほどでした。ちょっと高い気もしますが、投資に必要な経費と割り切ってます。

とりあえずお試しやら、試作品やらのゲームをいくつかやってみました。シン・ゴジラとバイオハザードは、もう雰囲気からして怖かったです。バイオハザード7(来年1月発売予定)は、かなりやばいと思います。後ろがやばい!

アクションゲームもやりましたが、動きが速いやつは疲れます。軽いVR酔いになりました。これは長時間するのは無理ですね。30分くらいで十分です。

やはり、VR酔いは普及の妨げになるかもしれません。やったあとに妙に疲れます。

個人的にはあまり動きのなさそうなライブを観るとか、オーロラを観るとか、旅行に行けるとかがいいですね。あと、人気のサマーレッスンもやってみたいですね。

明日以降にまた、有料ソフトもやってみようと思います。


楽しいことをしよう | コメント(0)

座敷わらしに会いに行ってきました③

2016年10月12日
前回の続きです。

私が宿泊した「緑風荘」には、亀麿さん(かめまろさん)という座敷わらしがいます。宿の説明によると以下のような歴史があるそうです。

「およそ670年くらい前の南北朝時代、南朝の後醍醐天皇に使える 藤原朝臣藤房(万里小路藤房)が北の足利軍に追われ現在の東京都あきる野市に身を隠しました。

その後さらに北上しその道中で二人の子供の内、当時6歳だった兄の亀麿が病で倒れその幼き生涯を閉じました。 その際『末代まで家を守り続ける』と言って息を引き取ったそうです。

その後、守り神<座敷わらし>として奥座敷の槐(えんじゅ)の間に 現れるようになったと言い伝えられています。 その姿を見たり、不思議な体験をした人は大変な幸運(男=出世 女=玉の輿)に恵まれると言われています。」

実際に、この亀麿さんを祭った亀麿神社が、緑風荘の敷地内にあります。7年前の火事では、旅館本体は完全に焼失してしまいましたが、この神社だけは焼けずに残ったそうです。

また、火事の際に、火の玉のようなオーブが多数、旅館から神社へ飛んで行った様子が、人々に目撃されています。このオーブは、緑風荘の中でも見られる不思議なものの一つです。

(続く)

亀麿神社1

亀麿神社2


楽しいことをしよう | コメント(0)

モチベーションと投資仲間

2016年10月09日
先日、東海地区の株合宿に参加してきました。1泊2日で、みんなで餅つきをしたり、夜中まで株談議をしたりと、非常に楽しいものでした。

自分よりも遥かに凄腕の投資家さんばかりで、とても刺激になりました。話をしながら、自分に足りないものは何か、と考えながら勉強させていただきました。

このように、投資家同士のコミュニケーションというのは、いろいろな効用があります。一番は、何といっても株の話が心置きなくできるという点。会社ではなかなかできませんし、したとしてもあまりいい印象を持たれないのが残念なところです。

2番目は、お互いに切磋琢磨できて、いい刺激になり、さらにモチベーションがあがること。その結果、さらに投資家としてレベルアップできることです。

その意味でも、自分よりも実績のある投資家との勉強会や懇親会の機会があれば、ぜひ活用すべきだと思います。一人で悶々とやるのもたまにはいいですが、それよりも、他の投資家との交流を深めながら、自分を磨いていくといいと思います。

株式投資は、長く続けていければ(生き残れば)経験値もアップし、成功する投資家に近づけます。長い道中、モチベーションを維持するという観点でも、投資仲間というのはとても大切な存在です。


メンタル | コメント(0)
 | HOME | Next »