03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

日経マネー6月号 投資の師匠

2017年04月22日
今号も買ってしまいました…。いや、佐々木希の表紙に惹かれたわけではありません。(汗)
だって、投資仲間がたくさん出ているので、つい。(笑)

今回は、「あらまーさん」と「Akitoさん」が出ていたので、読みたくて買いました。知らなかった一面を知ってしまった・・・。(笑)

それと、投資の師匠の企画、なかなか良かったです。夕凪さんや株1000さんなどお馴染みのメンツですが、夕凪さんの師匠がリバモアだったとは!ちょっと驚きでした。そういえば、たしかに高値のブレイク買いにいくスタイルが私と共通点があるなぁ、と思っていたんですよね。

ちなみに私の師匠はたくさんいます。メンターでもあるふりーパパさんはもちろんですが、ニコラス・ダーバス、ジェシー・リバモア、マーク・ミネルヴィニ、ウィリアム・オニールです。

今号もなかなか面白いですね。




書籍・マスメディア | コメント(2)

危険シグナル点灯中(相場の考察)

2017年04月12日
4/6 のツイッターに、ディストリビューション日をカウントしたと書きましたが、もう少し整理してみます。拙著を読んだ方はおわかりと思いますが、もともとウィリアム・オニールが考案した天井の見極め方の一つです。それをもとに、私が日本市場に調整して考察しています。

4/6 時点では、日経平均株価のディストリビューション日(ストーリング日を含む)は、過去1カ月間で9回出現しました。今日4/12時点では8回であり、これは過去のデータと比較しても最大級の頻度であり、危険シグナルと認識しています。

過去、9回以上出現した局面を以下にまとめてみます。カッコ内の下落率は、その時やその後の日経平均の高値からの下落率です。(楽天証券のデータで集計していますが、SBI証券のデータと一部出来高が異なるのであくまで参考です。)

過去10年で大きく分けて4度の局面がありました。

1.2016年初の暴落 (直近高値@20,012⇒その後の安値@14,866までの下落率 25.7%) 
・2015/12/24-2016/1/21
・2016/3/8-4/5 

2.チャイナショック (直近高値@20,953⇒その後の安値@16,901までの下落率 19.3%)
・2015/6/2-6/29
・2015/7/22-8/21
 
3.リーマンショック (直近高値@14,601⇒その後の安値@6,995までの下落率 52.1%)
・2008/6/19-7/18
・2008/7/29-8/28
・2008/8/20-9/16
・2008/9
・2008/10

4.パリバショック(サブプライム問題の初動) (直近高値@18,297⇒その後の安値@15,262までの下落率 16.6%)
・2007/6/27-7/25

以上ですが、いずれのケースも直近の高値から15%以上の下落となっており、本格的な暴落の前にシグナルを発しています。

単純に、2017/3/2の高値@19,668から15%の調整とすると@16,718となります。日経平均株価は、4/6にボックスを下割れしました。下落トレンドへの転換とも見れる動きです。

あくまで過去のデータを基にした考察であり、当たるかどうかは当然わかりませんが、無理をする局面ではないことだけは確かです。最悪のケースを想定して動くのが、投資家として生き残る術だと考えています。

市場のファンダメンタル面を見ると、様々なネガティブ要因が存在しています。

・北朝鮮を発端とした戦争の可能性
・米国FOMCがバランスシートを縮小、いよいよ量的引き締めの開始局面へ(資金の逆回転)
・ドル円は110円の壁突破し、さらなる円高トレンドへ

日銀の買い支えがありますが、一方、外国人は3月に日本株を1兆6800億円売り越しました。今後、彼らがどう動くかは当然わかりません。

こういう時こそ、新興市場も含めた主要な株価指数を月足で俯瞰してみるといいと思います。2012年11月のアベノミクス開始以来、どこまで登山してきたか、今、山のどの辺にいるのだろうかと、一度立ち止まって考えるいい機会かもしれません。

とにかく生き残ることが第一です。テールリスクが存在する中、変なこだわりやプライドは不要です。


投資理論/戦略 | コメント(7)

マネックス証券オンラインセミナー第二回(オンデマンド)

2017年04月11日
4/4 におこなったマネックス証券オンラインセミナー(第2回)のオンデマンド放送が見られるようになりました。

「日本株道場 DUKE。氏が教える実践!新高値ブレイク投資術」はこちらで視聴できます。

今回は、セミナー形式で、「新高値ブレイク投資術 入門編」を直近の市場環境などを交えながらお話させていただきました。ご参考にしていただければ幸いです。繰り返しご覧いただくと、別の気づきもあると思います。

また、セミナー終了にアンケートに回答して下さった方、どうもありがとうございました。「すごく参考になりました!」「またやって下さい!」というお声を多く頂き、また、「これから投資頑張ります!」というお声も多かったようで、やった甲斐があったなぁ、とうれしく思いました。

とても励みになりました。この場を借りて、お礼申し上げます!

最後に、備忘を兼ねてアンケート結果をまとめたものを貼り付けておきます。

・参加者数: 1,000名超 (前回:1,000名超)
・セミナー評価: 97.8% (前回:89.4%) (大変参考になった、参考になったの合計比率)
・講師評価: 94.6% (前回:91.4%) (大変良かった、 良かったの合計比率)
・難易度評価: 86.4% (前回:72.2%) ( ちょうど良いの比率)
・時間評価: 77.7% (前回:80.2%) ( ちょうど良いの比率)


プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(0)

情報の取捨選択

2017年04月04日
最近、時間に追われているせいか、情報収集の仕方について考えてみました。

主な情報源は、新聞だったり、情報アプリだったり、有料メルマガだったり、TVだったりするのですが、とても見切れなくなってきました。

最初は良かれと思って購読するのですが、だんだんと読まなくなるものが出てきます。そういうものは、結局、自分の中で無意識に重要性が劣るという判断をしているものと思っています。

情報ばかりとって、肝心の新高値銘柄のチェックがおろそかになったり、売買の判断が遅れるのは本末転倒ですから、今後、断捨離しようと思います。

一度捨ててみて、やはり必要だなと思ったものを、また購読すれば良いと思います


情報収集/整理 | コメント(0)

1億円稼ぐテクニック4

2017年04月03日
ムック本のご紹介です。「1億円稼ぐテクニック4」に、12ページにわたり掲載されました。

もともと「稼ぐ人の株投資 億超えの方程式」シリーズで過去掲載されたものを集めたセレクション版です。

他の7人の凄腕の方々と共にノウハウが紹介されていますので、まだご覧になっていない方はどうぞ。



プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(3)

投資に勝つ20の知恵(日経マネー)

2017年04月02日
ご紹介が遅れましたが、日経マネー5月号は億万投資家が熱血アドバイスをする企画が掲載されています。

「投資に勝つ20の知恵」として、実績のある個人投資家の知恵が紹介されています。億を目指す投資家にとっては、役立つ情報がかなりある印象です。

私の考えも多くの項目で紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。



プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(2)
 | HOME |