08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

IR にダマされる

2015年09月10日
しかし、相場は毎日激しく動きますね。「波高きは天底の兆し」という相場格言を思い出します。

さて、中長期の投資家は、企業のファンダメンタルに注目するものですが、益々その重要性が増している局面に差し掛かっています。

適時開示情報(決算短信や月次売上)に対して、IR に電話して質問をぶつけるというのは、投資判断をする上で役立つやり方です。

しかし、気を付けなくてはいけないのは、今のような景気後退局面の入り口に差し掛かっている(かもしれない)局面では、IR 側も株価を下げたくないばかりに、調子のよいことを言ってしまう傾向が強いことです。

私も過去何回かそういう経験をしました。

IRは「何の問題もありません。月次の売上も前月並みに好調です。」と言っておきながら、期待外れの開示をすることが何度もありました。

経験値が足りないときは、「IR にダマされた!」と憤ったものですが、そもそもIR の言うことを100%鵜呑みにしてはいけないと気付いてからは、ダマされた!などどとのたまう暇があったら、その情報に対してどう対処するかを真っ先に整理します。

今後、企業業績が厳しくなる局面では、そのようなことが起こりますので、十分に注意したいものです。


情報収集/整理 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示