05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

株式投資では、ポジションサイズ・資金管理が最も重要

2016年07月02日
おかげさまで、拙著は Amazon で初回分がすべて売り切れ、現在1~2週間待ちとなっています。楽天でも、売り切れちゃったようです。

厳しい相場環境でも、勉強熱心な投資家さんが多いこと、とてもうれしく思っています。

おそらくですが、現在継続中であるこの下落相場を、最後まで生き残った投資家さんが、いつか来るであろう次の本格的な上昇相場で、大きく儲けることになると思ってます。

ですので、決してあきらめることなく、普段より資金サイズを小さくしてリスクを抑え、経験値を上げ、生き残っていきましょう。

さて、題名の通り、「株式投資では、ポジションサイズ・資金管理が最も重要」です。この点は、拙著の第5章に詳しく書きました。実は、これができるかどうかが投資家の生命線であるのですが、実際にはこの点について書かれている投資本は極めてまれです。

自分の投資予算をどう銘柄に配分するか。1銘柄に対して、どのような売買プランで臨むべきか。買いのエントリーは、具体的にどう分割して買っていくのか。リスクを最小限に抑えながら、利益を最大限に狙いに行く実践的な手法を書いています。

この第5章と心構えを書いた第6章は、全てのレベル、全ての投資スタイル(短期・長期問わず)の投資家さんに役立つ内容です。

現在、品切れ状態ですので、お急ぎの方は、お近くの書店でお買い求めください。


(各オンライン書店へのリンク)

パンローリングのトレーダーズショップ(リンク)。細かい目次まで表示されています。

楽天ブックスはこちら(リンク)。立ち読みができます。

アマゾンはこちら↓。現在、配送が遅れているようです。



第1章 サラリーマン投資家でも資産1億円 
第2章 株は新高値で買え! 新高値ブレイク投資術のキホン(1)
第3章 ビッグチェンジを探せ! 新高値ブレイク投資術のキホン(2)
第4章 ここを押さえておけば勝率が上がる 新高値ブレイク投資術の実践(1)
第5章 私の買い方、売り方を教えます 新高値ブレイク投資術の実践(2)
第6章 どんな相場でも勝つ投資、負けない投資








書籍・マスメディア | コメント(9)
コメント
No title
DUKE。さんは買いの時、信用取引を活用されていますか?信用を含めたポジションサイズの考え方は、余力を含めるのでしょうか。その点、興味あります。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
通りすがりさん、私は買いの時は、信用取引はあまり活用してません。特に今のような厳しい環境下では、ほとんど使いません。
信用取引は、要は他人の金で投資しているということです。基本的に、他人の金を、自分の金のようにカウントはしない方がよいと考えています。

Re: 本読みました。
バフェットさん、ご感想をお寄せいただき、ありがとうございました。拙著が少しでもお役に立てたのなら、嬉しい限りです。難しい相場を生き残った者だけが、いつか来るであろう、上昇相場で大きく儲けられるものです。今は、リスクを抑えつつ、資金をしぼりつつ、頑張りましょう。



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
通りすがりさん、ミネルヴィニ氏の続刊の邦訳ですか~、それは楽しみですね♪

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 書籍に対する質問をさせてください
らいさん、返答が遅れて申し訳ありません。かなり積極的に勉強されているようですね。
個別の質問については、私も会社員ですので時間が限られていますので、ご容赦ください。
9月3日に東京で会場セミナーを予定しています。そちらで書籍に関しての質問コーナーを準備する予定です。
また、将来的にエンジュクからもっと詳しい内容のDVDを出す話も頂いています。
それまで、ご自身で何が最善かを試してみるのもいいと思いますよ。実践の中からの学習は最強です。^^
株探しと、上昇市場を両方探す可能性
はじめまして。FX中心に10年ほどやっている者です。
ポジションサイズが最重要との意見が合致し、今日買わせていただきました。

質問なのですが、"上昇中の市場"で利用して取引をすることを進められてますが、外国市場の株に興味はお有りでしょうか。

建て玉の為替リスク分をFXで相殺して(安価な手数料はかかりますが・・)、日本市場が下落相場の最中でも、常時を目指して取引出来そうな気がするのですが、可能性はいかがでしょうか。

例えば、イギリスの株価は、ポンド安のため上昇する可能性があります。
日本が円安を契機に急騰したように、
また、過去ジョージ・ソロスが通貨を売り込んだ後のイギリスの相場のように。

株未経験ゆえ、的外れだったらすみません。

管理者のみに表示
« 株探の書評 | HOME | 御礼 »