04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

本についての質問について

2016年07月18日
みなさん、拙著をお買い上げ頂きましてありがとうございます。
おかげさまで3刷目も決定し、読者のたくさんの支持を集めているようです。感謝です!

さて、本を読了した方が増えてくるにつれ、内容について質問したい方が増えてきています。最近、ブログのコメント欄やツイッターを通しての質問が多くなってきました。勉強熱心な投資家さんが多いことは、本当にうれしい限りです。

しかし、いまだ会社員である私の時間は限られています。たくさんの質問を頂くのは大変光栄なのですが、個別に内容を確認して正確を期して回答しようとすると、それ相応の時間がかかります。

どうかご容赦頂ければ幸いです。

今後、9月3日(土)にエンジュク主催の会場セミナー@東京を予定しています。また、今後、ほかの機会も検討しています。
頂いた質問は、そのようなセミナー等でまとめて回答するようにしたいと思います。同じ質問を多く頂く場合には、ブログでも回答するようにします。

質問自体は大歓迎ですので、今まで通り、コメント欄へ投稿ください。どうぞよろしくお願いします。


書籍・マスメディア | コメント(11)
コメント
本を読みました
本を読みました。
私の失敗の原因がよくわかりました。
私の場合、PERが割安で、
日足チャートが底練りしている株を買って、
上昇をひたすら待つといものでした。
しかし、何ヶ月待っても、底練りのままでした。
これでは損はしないけど儲からないです。
ところで、メールマガジンはないのでしょうか。
目からうろこ
本を読みました。
私の失敗の原因がよくわかりました。
私の場合は、日足チャートで、
株価が底練りしている時に勝って、
ひたすら上がるのを待つという手法です。
たいてい、半年待っても、株価は動かず、
あきらめて売却するというパターンを繰り返していました。
株式投資は、美人投票であることを忘れていました。
どんなに美人でも、誰も気づかなければ美人ではない。
さて、メールマガジンはないのでしょうか。
Re: 目からうろこ
読了ありがとうございました。^^
メールマガジンは、今のところございません。よろしくお願いします。
No title
DUKE。先生とふりーパパ先生で、「成長株投資の神」の日本版を是非書いてください!
Re: No title
コメントありがとうございます。ミネルヴィニの新著、私も楽しみにしています。^^
No title
マーケットの魔術師<成長株投資家編>のような体裁でした。
DUKE。先生、日本版をぜひお願いします!

ところで、DUKE。先生は百人百色の投資法の取材を受けられましたか?第4巻にもいらっしゃらず・・・。
Re: No title
日本版マーケットの魔術師いいですね。

ジャック・シュワッガーのような超優秀な作者で、かつ取材対象が10億以上稼いだトレーダーというような企画に出られるように頑張りたいと思います。

百人百色の投資法の取材は受けてないです。あの取材は2012年ころ行われたようです。ですので第5巻にも出ません。
No title
新高値の定義についての質問です。
「新高値をつける」とは、「終値で過去の高値(こちらは終値ではなく
 場中の高値でも可)を抜く」という意味でよいのでしょうか?
Duke。さんの本や林則行さんの「株の公式」などに載っていた
いくつかのチャートを見るとそういう解釈でいいのかなと思ったのですが、
はっきりとした確信を持てませんでした。
ちゃんと定義が書いてあり、私が読み逃していただけなら申し訳ありません。
Re: No title
セミナーの事前質問と受けとめました。ありがとうございます。
また、質問される際は、お名前を頂けるとうれしいです。
2つ上の質問をしたものです。
セミナーに参加する予定ですので、仰る通り事前質問のつもりでした。
名前の入力も忘れており、色々と至らずに申し訳ありませんでした。
Re: タイトルなし
二助さん、承知しました。事前質問ありがとうございます!!

管理者のみに表示