07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

60万円を7年で3億円にした実践投資法

2017年01月16日
先日の新刊「日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法」を読みました。

私は、自分自身の投資法に、何か新しいエッセンスを加えられないか、また、拙著を読了して下さった方々に参考になるか、という視点で読んでいます。

本の中で参考になりそうな所は、第五章の「他の投資家の心理を読めば勝てる!」でしょうか。なかなか興味深く拝読いたしました。

それと第3章で、「上方修正期待銘柄の探し方」として、株探の使用法が紹介されています。すでに株探を使っている投資家はご存知と思いますが、この点は役立つ知識が得られると思います。

一方、気になったのはリスク管理の記述です。著者は、億単位の資産を作るためなら、資産が小さいうちに1銘柄への集中投資をして「勝負」したほうがいいと述べています。資産が小さいうちなら、「勝負」した銘柄で負けても痛手は少ないという考えのようです。まるで、ギャンブルをするかのような記述です。(笑)

また、実践のルールでは、資産が大きくなってきたら、持ち株の1つが倒産しても耐えられる投資をすべき、としています。

巻末の売買事例を見ると、著者はリーマン・ショックでハイリスクな投資をしていて、資産の9割以上を失いました。(これは私と同じです。^^;)  そして、その後、1銘柄への集中投資(資産の半分以上からほぼ全額投資)を近年まで何度も繰り返して、資産を大きくした事例がいくつも紹介されています。

読者には失敗事例の方が役立つことも多いので、個人的には、リーマン・ショックでなぜほとんどの資産を失ったのか、を書いてもらいたかったなあ、と思いました。要因は集中投資だったのか、それともほかの理由だったのか気になります。私の場合は、1銘柄への資産全額集中投資で、大損を被りました。

ポジションサイズ・マネジメントを含むリスク管理は、投資をする上で最も大事ですので、1銘柄への全力投資で一発退場にならないように、再度私も気を引き締めた次第です、ハイ。(笑)

いずれにしろ参考になるところはあるご本でした。




書籍・マスメディア | コメント(2)
コメント
No title
DUKEさんの本も読ませて頂き大変参考になりました
1銘柄のトレードでうねり取りなる技法があるのですが如何思われますか? DUKEさんの様なトレードか1銘柄トレードか迷っています
Re: No title
ショウさん、拙著をお読みいただきありがとうございます。私はうねり取りで売買したことはありません。^^;
いずれにしても、両方やってみて、自分の性格や生活環境に適した手法を選ぶことをおススメします。

管理者のみに表示