FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

今後の投資戦略について

2018年11月19日
ツイッターばかりでブログを書く機会が減っていましたが、拙著の新刊が出て、時間ができましたので久しぶりに書いてみたいと思います。

まず全体の相場観についてですが、ネガティブに見ています。(いろいろなプロと言われる株式評論家や専門家が相場解説をしていますが、私も含めて当たることはほとんどありませんので、そのつもりで読んで下さい。)理由をあげるとキリがないのですが、ツイッターであげた米Ned Davis Reseach社のデータや、すでに日本の新興市場がベアマーケット入りしていることがあります。

JQ指数(1995-2018)

ジャスダック指数を確認すると、2018年10月29日終値で149.2と1月29日終値189.82からマイナス21.4%となっています。一般的にベアマーケット入りとされる20%を超えました。(あまり参考にはしていませんが)マザーズ指数もしかりです。JQ平均も終値ベースでは-20%までギリギリ達していませんが、ザラ場ベースでは-20%を超えました。

一方、日銀等政府系の資金が入っている日経平均とTOPIXは、-14%、-17%程度と耐えています。しかし、公的資金が価格形成を歪めているのは周知の事実であり、日銀砲にも弾切れが起こりうること、すでに中間決算で出ている各社からの業績の弱さ、決算に対する市場の反応、中国等の海外の状況、来年10月の消費増税、相場サイクル等々を考慮すると、-20%を超えてベアマーケット入りするのも時間の問題と考えています。

個人投資家はジャスダックやマザーズ市場の中小型株を投資対象にしていることが多いのですが、上記の過去23年間のJQ指数の推移と現在位置を考慮すると、まだこの下落トレンドは始まったばかりと見ることができそうです。米国の小型株の代表指数であるラッセル2000を見ても、大型株に先行して下落している様子が見て取れます。米国株はおそらく世界中で一番強く、まだ上昇する余地があるのかもしれませんが、こちらもギリギリで耐えている印象です。過去の経験則(少なくともITバブル以降の2回)では、FRBが利上げを止めた後に株価(SP500指数)がピークを打つ傾向があります。

いずれにしろ、中小型株を対象とした投資の観点からは、ベアマーケット入りしているという前提で投資戦略を決める必要があると考えています。おそらく相対的に強い米国株のラリー(反発)に引っ張られて、ところどころで反発があるものと思いますが、内需の弱さ等を反映して、徐々に(あるいは突然に)下落していくものと思います。買いから入る投資法には、例外なく厳しい相場環境になるものと思います。史上最大の金融緩和を行い、日銀が株を買う等、シャブを射ちまくった相場ですから、その反動がどこまでどう出るのかは誰にもわかりません。

拙著の1冊目では、リスクマネジメントが最も大切と書きましたが、これから1~2年は、この点が投資家の生死を分けることになると思います。私は、前回の小泉相場での利益を2006年からの3年間の下落相場ですべて吹き飛ばしました。しかし、退場にならなかったのは、下手くそなりにリスクマネジメントのほんの一部ができていたからです。

新高値ブレイク投資法も、下落相場の中では、例外なく厳しい状況になります。全体の買い余力が弱まる中では当然です。しかし、こういう時こそ、「1/5の試し玉から入り、最低でも10%下がったらルールに従って損切する」というリスクマネジメントが効いてきます。そして、何度も繰り返し損切に合うようなときは、銘柄選択か買うタイミングが悪いか、全体相場が悪化しているということなので、「一旦お休みして、様子を見る。冷静に考え直す。」ことも必要になってくるのです。

成長株投資家にとって、ベアマーケットは本当に恐ろしいものです。自分が良いと思った決算に、容赦のない売りが浴びせられることはほんの序の口です。保有株を何もせずに持ち続けていたら、株価が半値や1/4になるのは普通です。すでに不動産関連をはじめ、あちらこちらで崩落が起きています。新刊では、アベノミクス相場の10倍株について書きましたが、大相場になった銘柄ほど、大きく下がるのがベアマーケットです。10倍、20倍になって、1/10、1/20になるのはよくあることです。利益確定戦略と損切りが肝要なのは言うまでもありません。

しかし、ベアマーケットは悪いことばかりではありません。経済が底打ちするまでの間に、弱い市場参加者は新規参入者(新しい資金)と入れ替わります。また、ベアマーケットの中では、本当に強い銘柄を見つけやすいというメリットもあります。ほとんどの株が下落している中で、上昇(ないしは横這い)している銘柄は目立ちますので、そのような銘柄が次の相場の主役となるのです。そのような株が、次の10倍株になる可能性を秘めています。

そして、そのような大化け株に投資できるのは、適切なリスクマネジメントをして生き残った投資家だけです。キャッシュを温存し、投資力を磨くために勉強を続け、再び訪れるであろう大相場への準備をしている投資家だけが、次の果実を勝ち取れるのです。

相場は繰り返します。新刊では、アベノミクス相場の10倍株について詳細データとともに分析結果をまとめています。手前味噌になり本当に恐縮ですが、これは次の大相場にも(たぶんw)適用できるもので、正直、「このデータを3000円程度で提供するのはどうなのか?」と自問したこともありました。私自身のせっかくの優位性を自ら失う行為でもあるからです。書籍代というのは、概して本当に安い投資で、何か一つでも役に立つものがあれば十分に元がとれるものです。また、わざわざこのようなブログを書くこと自体が、強気相場を望む投資家の反感を買ったり、相場の調整を長引かせることにもつながることもわかっているつもりです。

最後に余計なことを書いたかもしれませんが、久しぶりに書いたブログが読者の参考になれば幸いです。

プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示