07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

新高値銘柄を売ってはいけない

2015年04月22日
今日はとうとう日経平均2万円越えです!おめでとうございます!

そんな中ですが、私は現物のロングを残して、信用ポジションはほとんど閉じてしまっているので、ほぼ眺めているだけです。

今週の動きを見ていると、完全に金融系、そして不動産系銘柄に資金シフトしてきているようです。しかも時価総額の巨大な銘柄がすごい勢いで買われています。

筆頭が三菱UFJフィナンシャルでしょう。12兆の時価総額の巨大な会社が、7連騰で14%も上昇しました。恐ろしい力を感じます。

でも、「こりゃぁやり過ぎでしょ!」と、こういった新高値銘柄を空売りしたくなるのですが、だいたいひどい目にあいます。踏まされること受けあいです。新高値銘柄というのは、考えているよりもパワフルなのです。

4月30日の日銀政策決定会合に向けて、外国人が(バズーカ3に期待して)TOPIX 先物買いをして、現物の時価総額の大きな株がそれに引っ張られているという見方もできそうですが、誰にもわかりません。

自分の投資手法では、新高値をとってきた時価総額の大きな会社を買って、+5%, +10% 捕るという選択肢は基本ない為、今は、様子見をしています。

むしろ今はお休みをして、月末のイベントを静観しようと考えています。バズーカ3が出れば、現物株で株高を享受できますし、逆に期待外れで暴落すれば、買い余力はかなりあるので、虎視眈々と業績の良い強い銘柄を買いに行きます。どちらに転んでもOKです。


投資理論/戦略 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示