02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

ラジオ日経 キラメキの発想 オンデマンド

2017年02月02日
1月31日にラジオ日経「キラメキの発想」にゲスト出演してきました。こちらで、オンデマンド放送を見れます。

最近の荒れ相場にどのように対処しているか、またどのような点に注目して投資をしているかを、自身の投資法の説明をしながらお話してきました。

凄腕投資家のBコミさん、MC内田さん、記者の和島さんとともに、盛り上がった収録となりました。拙著をお読みになった方、新高値ブレイク投資術にチャレンジしたいと思っている方は、ぜひご覧になってください。投資のヒントが見つかるはずです。


プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(0)

ラジオ日経 キラメキの発想

2017年01月30日
1/31(火)の16:15から始まる「ラジオ日経 キラメキの発想」にゲスト出演することになりました。

パンローリングの「投資戦略フェアEXPO2017」で、講師を務めることになっていますので、その告知も兼ねて出演を依頼されました。なにせラジオ出演は初めてなので緊張しますが、せっかくなので楽しもうと考えています。

宜しくお願い致します。


プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(0)

金持ちサラリーマン お金に困らない仕組み(ビッグトゥモロー3月号)

2017年01月26日
昨日発売のビッグトゥモロー3月号に掲載されました。昨年11月のアメリカ大統領選挙時の急落⇒急騰で儲けた投資家として、紹介されています。

もう3カ月も前のことですし、利益も大したことないのでお恥ずかしい限りなのですが、ビッグトゥモローさんから取材を受けたのは初めてなので細かい取引ではありますが、参考になればと思いお話させていただきました。

今号の特集は、「金持ちサラリーマン 100人100通りのお金に困らない仕組み」の紹介ということで、株、FX、不動産、転売(せどり)、ショップ経営、アフィリエイト、サービス業等々が掲載されていました。

目を通してみての感想は、やはり自分自身が働く収入には限度があるということ。たとえば、ショップ経営や転売がいい例でしょうか。それよりも、自分の分身が稼ぐような手法がやはり大きく儲けられるし、時間効率もいいと改めて思いました。

自分の分身とは、例えば、中長期投資を前提とした株式や外貨、不動産や、自身のアフィリエイトサイトなどがそうでしょうか。大きな副収入を得たい会社員が目指すべきは、やはりその辺でしょうね。




プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(0)

今後のセミナー等出演予定

2017年01月03日
最近、質問を受けることが多くなってきましたので、現時点で決まっているものだけお知らせさせていただきます。

・2月5日(日) 東京証券会館(茅場町)

投資FES(詳細やお申込みサイトはこちら) 尊敬する岡崎良介さんや夕凪さんとともに、パネルディスカッションやトークセッションで会場のみなさんと共に盛り上がりたいと思います。

・3月11日(土) 東京ドームシティ(水道橋)

投資戦略フェアEXPO2017(参考までに昨年のサイトはこちら) 講師として1時間程度の本格的なセミナーをおこないます。拙著の内容をさらに一歩進めた内容で、今までの会場セミナーでも話さなかったことも盛り込む予定です。

・3月12日(日) 札幌(ネストホテル札幌駅前)

日経CNBC 全国行脚ツアー『マーケッツのツボ 札幌の巻』  内容はこれからです。

正直、個人的には露出が多いので控えたいと思っているのですが、拙著の反響も大きいようで、いろいろなお話を頂きます。せっかくを本を出版させてもらったので、今年前半(ちょうど本の発売から1年)までは、内容に応じてお引き受けしています。

私が出ることで、拙著に興味を持って頂き、それが個人投資家のレベルアップにつながるのであればという思いです。

しかし、期間限定でこのような活動は行う予定です。今年後半からは、あまり会場セミナーなどに出るつもりはありません。ですので、拙著の内容をさらに深く学びたいという方や、デュークという奴はどんな奴か見てみたいという方は、この機会を逃さないようにした方がいいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。


プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(0)

2016年のお騒がせニュースと2017年の注目点

2017年01月02日
四季報オンラインのアンケートに回答しました。記事はこちら

個人的には、以下の3点でした。

①「神の手」ブランジスタの「神相場」
②「上場ゴール」のベイカレント
③間違いだらけのマスコミや専門家

すべて私にとっては反省材料となりました。

2017年は何と言ってもアメリカ新大統領の政策に注目していますが、果たしてどうなることでしょうか。


プロフィール(雑誌メディア掲載) | コメント(0)
« Prev | HOME | Next »