02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

プレステVRをゲッツ!

2016年10月13日
今日、発売になったプレイステーションVRをゲットしました。

抽選販売にラッキーにも当選して、急きょPS4本体も買ってきました。合計86,000円ほどでした。ちょっと高い気もしますが、投資に必要な経費と割り切ってます。

とりあえずお試しやら、試作品やらのゲームをいくつかやってみました。シン・ゴジラとバイオハザードは、もう雰囲気からして怖かったです。バイオハザード7(来年1月発売予定)は、かなりやばいと思います。後ろがやばい!

アクションゲームもやりましたが、動きが速いやつは疲れます。軽いVR酔いになりました。これは長時間するのは無理ですね。30分くらいで十分です。

やはり、VR酔いは普及の妨げになるかもしれません。やったあとに妙に疲れます。

個人的にはあまり動きのなさそうなライブを観るとか、オーロラを観るとか、旅行に行けるとかがいいですね。あと、人気のサマーレッスンもやってみたいですね。

明日以降にまた、有料ソフトもやってみようと思います。


楽しいことをしよう | コメント(0)

座敷わらしに会いに行ってきました③

2016年10月12日
前回の続きです。

私が宿泊した「緑風荘」には、亀麿さん(かめまろさん)という座敷わらしがいます。宿の説明によると以下のような歴史があるそうです。

「およそ670年くらい前の南北朝時代、南朝の後醍醐天皇に使える 藤原朝臣藤房(万里小路藤房)が北の足利軍に追われ現在の東京都あきる野市に身を隠しました。

その後さらに北上しその道中で二人の子供の内、当時6歳だった兄の亀麿が病で倒れその幼き生涯を閉じました。 その際『末代まで家を守り続ける』と言って息を引き取ったそうです。

その後、守り神<座敷わらし>として奥座敷の槐(えんじゅ)の間に 現れるようになったと言い伝えられています。 その姿を見たり、不思議な体験をした人は大変な幸運(男=出世 女=玉の輿)に恵まれると言われています。」

実際に、この亀麿さんを祭った亀麿神社が、緑風荘の敷地内にあります。7年前の火事では、旅館本体は完全に焼失してしまいましたが、この神社だけは焼けずに残ったそうです。

また、火事の際に、火の玉のようなオーブが多数、旅館から神社へ飛んで行った様子が、人々に目撃されています。このオーブは、緑風荘の中でも見られる不思議なものの一つです。

(続く)

亀麿神社1

亀麿神社2


楽しいことをしよう | コメント(0)

楽しいことをしよう委員会

2016年10月06日
先日、投資家の株合宿の一貫で、カーリングをエンジョイしてきました。家族ぐるみのお付き合いもいいものだな、と感じた合宿でした。(笑)

また、仲良しの上総介さんと水上バイクでぶっ飛ばして来ました。昨年、免許をとったのを、ようやく今年に活かして遊んできました。

その様子はこちら(楽しいこと委員会のブログ)

水上バイクは、思ったよりも速く、最高速度で110km くらい出ました。湖で滑走したので障害物も少なく、ぶっ飛ばし放題でした。

自動二輪のバイクは、公道で飛ばすと人が出てきたり、カーブがあったりといろいろと危険ですが、水上バイクはそういう心配が少ないので、とてもいいレジャーです。

周りに人がいないので、思いっきり叫びながら、滑走すると気分爽快です。新たなストレス発散法を発見しました。(笑)

また、来年楽しもうと思います。


楽しいことをしよう | コメント(0)

座敷わらしに会いに行ってきました②

2016年10月03日
前回の続きです。

そもそも「座敷わらし」とは何なのか?ウィキペディアによると、以下の通り。

主に岩手県に伝えられる精霊的な存在。座敷または蔵に住む神と言われ、家人にいたずらを働く、見た者には幸運が訪れる、家に富をもたらすなどの伝承がある。

実際に、TBSアナウンサーであった青木裕子さんが、「緑風荘」の取材で座敷わらしに遭遇し、その後、当時はお付き合いもしていなかった99のやべっちと玉の輿結婚を果たしています。

また、歴代の総理大臣が、緑風荘の宿泊後に、総理大臣に任命されたことでも知られています。原敬、米内光政、福田赳夫、その息子の福田康夫と4人の総理大臣が誕生しているそうです。

実業界でも本田技研工業創業者の本田宗一郎がバイクでツーリング中に宿泊したといわれており、パナソニックを創業した松下幸之助も宿泊しました。

サッカー日本代表で、異例の長期にわたり活躍した遠藤保仁選手も、過去に座敷わらしを見たとTV番組で告白しています。見たその日の試合で、日本代表初ゴールを決めています。

とまぁ、いいこと尽くしなわけです。

これは投資家としては見逃せない情報ですね。運なども大きく作用する運用の世界ですから、できることなら見えないものの力も借りたいものです。「ついてるついてる!」と、自分に言い聞かせるのも重要なのですが、ホントに運がやってきそうなイベントの力も借りていいと考えています。

(続く)

座敷わらしの宿 にのへポスター



楽しいことをしよう | コメント(0)

座敷わらしに会いに行ってきました①

2016年09月28日
以前に書きましたが、ミュージックセキュリティーズという会社は、なかなか面白いファンドを組成しています。ワインファンドやら、コーヒーファンド、鯨ファンドに、にんにくファンド。基本的に、そういった特産品などの事業を応援する目的で作られています。

そんな中、ずいぶん前に「座敷わらし」ファンドに出資をしました。火事で焼けてしまった旅館の再建を応援する目的で、募集されたものです。

その焼けてしまった旅館とは、岩手県二戸市の金田一温泉にある「緑風荘」。以前からマスコミでもたびたび取り上げられていた、座敷わらしが出ることで有名な宿です。

私は10年以上も前に予約にトライしましたが、3年先まで予約でいっぱいという恐ろしい状況で、宿泊するのはあきらめていました。そこへ、火事で焼失してしまったと聞いてとても残念に思っていました。2009年の話です。

ところが、その後、ミュージックセキュリティーズ経由の個人投資家の支援が2年ほど前に始まり、今年5月にめでたく再建、営業再開を果たしました。

5口以上の出資者には優先予約権と宿泊割引が付与されることから、先日はるばる岩手県まで泊まりに行ってきました。そのときの不思議体験をシリーズもので書いていきたいと思います。

座敷わらしの宿


楽しいことをしよう | コメント(0)
« Prev | HOME | Next »