02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

株価の疑問~点と点が線でつながる瞬間~

2016年02月01日
マイナス金利絡みでもう一つ。

以前12月のブログ(リンク)に書いたのですが、12月中旬に全銘柄チャートチェックをした時に、「銀行系が8月の安値を下抜いてきているものが多い(意味するところは?)」と疑問を持っていました。

そこへ、今回のマイナス金利政策です。あ~、これでつながった!と思いました。(もちろん厳しい国内需要を織り込んでいた要素もあったと思います。)

マイナス金利政策は、銀行の収益を間違いなく圧迫します。日銀へ預ければ金利を得られていた部分がなくなり、逆に日銀へ預ける為に、金利を支払うか、それとも、不良債権のリスクを冒してまで、融資枠を広げて貸し出しを増やすのか。

銀行の経営環境は、益々厳しくなると見ています。需要増がなければ、結局ダメなんですよね。

このように、株価はファンダメンタルに大きく先行します。その時は、何を意味しているのかわからないことも多いのですが、後から、これだったのか!と点と点が線でつながる瞬間がよくあります。面白いものです。

以下は、金曜日に新安値をつけた銀行銘柄達(出所:株探)。メガバンク、地銀、厳しい先行きを暗示しています。

新安値銘柄(銀行)20160129


銘柄/業界分析 | コメント(0)

ミッシェル・オバマを魅了したデザイナー

2016年01月05日
今朝の日経一面に「ミッシェル・オバマを魅了した感性」として、デザイナーのタクーン・パクニガルが紹介されていました。

タクーン・パクニガルをご存知の方は、その業界の方か、または TASAKI (7968) ファンの方ではないかと思います。

彼はタイ人ですが、アメリカの移民でその後、成功した人物です。

デザインに特徴があり、TASAKI のジュエリーも魅力的に仕上がっています。(買い煽りではありません)

大統領夫人がお気に入りとは知りませんでしたが、納得するほどの個性的なデザインであるのは同感です。

Tasaki 時計


銘柄/業界分析 | コメント(0)

全銘柄チャートチェック終了と感想

2015年12月13日
今回はいいチャートがすごく少ないから、時間があまりかかりませんでした。前回はもっといろいろ気になる銘柄があったけど。

前回に引き続き、印象と感想を以下に述べておきます。簡単に。

・「比較的」好調なセクターは、人材派遣系、医療系、食品系、IT系、自動車部品系の一部。比較的といったのは、相対的に下落率が少ないという意味も含む。セクターをそのまま買うと×。銘柄選別が極めて大切。

・一時期盛り上がった銘柄も、結局はファンダメンタルに帰結している。(当たり前だが・・・)

・優待関連は相対的にまだ強い。(マックが典型)

・新興国系は全然ダメ

・ここのところ、典型的な大型株が崩れている(日経平均が新高値をとれないのは当たり前)

・今後はテーマ性、話題性があるものを個別で狙った方がいい気がする

・年末から1月までは、やっぱり小型株が優位かな?

上記以外にも細かいことは、ツイッターにつぶやいてます。ご参考まで。


銘柄/業界分析 | コメント(0)

全銘柄チャートチェック

2015年12月12日
全銘柄チャートチェック。久しぶりにやってます。

年に数回やるのですが、どのセクターが強いか、弱いか、そして、気になる銘柄などを発見したり、思い出したりするので結構楽しいです。

まだ半分ほどですが、印象として以下のような感じです。

・今年の1-8月に天井をつけている銘柄が「圧倒的に」多く、全体的に右肩下がりのチャートが目立つ

・銀行系が8月の安値を下抜いてきているものが多い(意味するところは?)

・証券系も弱い

・商社、資源系も弱い(これは商品が弱いので当然か)

・建機関連もダメダメ

とはいうものの、数は圧倒的に少ないですが、中には右肩上がりの銘柄もあるので、そういうものを追いかけていくのが良い結果につながりそうです。セクターというより、個別という印象です。

年末に向けて調整局面が来るのであれば、小型の好業績でチャートの良い銘柄を拾っておくのは面白いかなと思っています。

銘柄/業界分析 | コメント(0)

インバウンド系はやはりダメか

2015年12月04日
ここのところ持ち直してきた日経平均が、今日崩れました。

アベノミクスを牽引してきたインバウンド系の先導株(日本空港ビルなど)を注視してきましたが、やはり春先の高値を抜く力はないようです。

ラオックスなども大きく売られました。このセクターの先行きは、かなり厳しいようです。

まだまだ銀座などでは、中国人の爆買いが見られますが、株価がすべてを物語るというところでしょうか。



銘柄/業界分析 | コメント(0)
« Prev | HOME | Next »